住まいの専門店、四日市のLEONE(レオーネ)

LEONE

  • facebook
  • instagram

menu

LEONE BLOG

2017.2.9 (木)人工木デッキどれを選ぶ!?

みなさまこんにちは。

今日は人工木のウッドデッキをご紹介させていただきます。

 

各エクステリアメーカーから色々と人工木のウッドデッキが販売されていますが

なにが違うの!?と疑問を持たれる方も多いのでは…

 

人工木の素材はどのメーカーも木粉と樹脂の混合で出来ています。

なのでメーカーによって差があるという問題はほとんどないと言えます。

違うところといえばデザインや色の違といったところでしょうか。

 

 

人工木デッキのメリットは

・天然木では腐ったりという劣化の問題があげられますがその心配はなし

・塗装などのメンテナンスが必要なし

・各メーカーでカラーを合わせることができるのでトータルコーディネートができる

・ジュースなどをこぼしても掃除ができる

 

反対にデメリットとは

・雨染みなどが発生する場合がある

・色褪せする場合がある

・夏場はかなりデッキ材が暑くなる

・火に弱い

 

LEONEでは天然木の取扱いももちろんありますが、

正直なところ人工木のウッドデッキにされる方が多いです。

 

そんな人工木ウッドデッキですが昨年発売された大手メーカーの商品が

とってもかっこいいんです!

 

 

●三協アルミ/ラステラ

STW0418A00S102
 
「ウッドデッキでもないタイルでもない。モダンでシックな屋外フローリング。」

インテリアに「映える」、緑に「映える」、暮らしに「映える」新しいガーデンフロア

カラー展開はこんな感じです↓

今までのウッドデッキにはなかったカラー展開でとてもお洒落ですよね。

 STW0418A00S104 STW0418A00S106STW0418A00S103STW0418A00S105

 

 

 

 

 

STW0418A00S111
 

ラステラ下にライトを仕込んでおくと夜にはふわっと浮き上がるような演出ができます。

今までにはなかったようなこのラステラ。

私も展示会でみたとき素直に「かっこいいな」と思いました。

 

出典 ( http://alumi.st-grp.co.jp/products/deck/deck/lastella/index.html 

 

●リクシル/樹ら楽ステージ 木彫

1607_EX_0011A
 

光と、暮らそう。

太陽や星空をすぐそばに感じながら、いちどきりの瞬間が積み重なってゆく。

繊細な木質のニュアンスを表現したウッドデッキです。

 

 

1607_EX_0002A
 

天然木のようなナチュラル感で木の自然な風合いを表現。
粗密のランダムさや繊細な色ムラ、陰影の濃淡を追求し、

不均一で心地いい木質の“ゆらぎ”を再現しいてるそうです。

 

 

樹ら楽ステージ木彫のカラー展開はこんな感じです↓

1607_EX_0013D 1607_EX_0014D 1607_EX_0016D 1607_EX_0015A
 

 

どの色も自然な風合いがでてかっこいいですよね!

 

出典( http://www.lixil.co.jp/lineup/gardenspace/kirarastage_m/ )

 

このような今までにはなかったような「かっこいい」ウッドデッキで

春になったら家族でのんびり過ごしたいですよね~!

雰囲気の違う2つのウッドデッキあなたならどれを選びますか?

LEONEにはカットサンプルもございますよ^^

 

 

 

 

 

 

BLOG Category:LEONE商品情報

タイル・ファニチャー・オリーブ・ガーデンを提案する
四日市のLEONE(レオーネ)

TEL:0800-200-5328(フリーダイヤル)
〒510-0834 三重県四日市市ときわ1 丁目6-21