住まいの専門店、四日市のLEONE(レオーネ)

LEONE

  • facebook
  • instagram

menu

LEONE BLOG

2017.9.7 (木)駐車スペースもお洒落にしたい!LEONEで工夫してること

 

みなさまこんにちは。

本日は駐車スペースのプランニングについてです♪

 

 

●コンクリートや砂利だけの駐車スペースはなんだか寂しい

 

●アプローチも兼ねたい

 

●お洒落に魅せたい

 

などなどお客様によってご要望やお悩みは色々あるかと思います。

そこでLEONEの駐車スペースを例に3つのポイントをご紹介したいと思います。

 

 

 

その1.素材を変える

 

コンクリートに砂利目地や伸縮目地ではなく、洗い出しを太めのラインでいれてみてはいかがでしょうか。

コンクリート白、グレーといった色で無機質な感じがしますが洗い出しは骨材がでていて

少しばかり自然ぽくなるように感じます。

 

 

●洗い出しとは

セメントモルタルに色石など大きめの骨材を入れて塗りつけ、完全硬化する前に噴霧器やブラシで水洗いし

石の表面を出す仕上げのことです。

 

こちらがLEONEの駐車場。太めのラインは色石を入れた洗い出しです。

こちらがLEONEの駐車場。太めのラインは色石を入れた洗い出しです。



 

こちらも洗い出しです。

こちらも洗い出しです。



 

価格は…コンクリート<洗い出し です。

施工する面積にもよりますがだいたいコンクリートの1.5倍の金額です。

駐車場を洗い出しにすることでタイヤの跡が目立ちにくいというメリットもありますよ。

 

 

 

その2.緑を取り入れる

 

上記の写真でもわかるように常緑の高木と大きい黒砕石を敷いています。

緑を取り入れることによりどうしても同系色になりがちな駐車場を華やかにみせてくれます。

 

 

黒砕石です。中に埋め込みライトが設置してあり夜になると高木を照らします。

黒砕石です。中に埋め込みライトが設置してあり夜になると高木を照らします。



 

常緑高木のシラカシ。成長早いです。

常緑高木のシラカシ。成長早いです。



 

 

その3.ごつめの石畳で差別化!

外構のプランをつくるにあたりみなさま重要視されるのが駐車場の台数です。

なのでどうしてもアプローチを確保できなかったりします。

ですが石を使えば車が乗っても割れないしお洒落に見えるしお勧めします!

 

昔ヨーロッパの馬車道などで使われていたアンティークコブル。

昔ヨーロッパの馬車道などで使われていたアンティークコブル。



 

ごつごつしておりとてもカッコイイです。

車イスの方や足腰が悪い方には少し負担になるというデメリットもあります。

そういった場合は表面がフラットな石でアプローチをつくることをおすすめします。

 

 

まとめ

このようなことをLEONEの駐車場では工夫しております。

みなさまのお庭づくりのお役にたてれたらと思います。

「どんな感じが家にあうかな?」「まったくどうしたらいいかわからない!」そんな方は

一度LEONEに足を運んでいただくと私たちスタッフがご相談にのりますよ^^

すてきなお庭を一緒につくっていきましょう!

 

 

 

 

 

 

 

BLOG Category:LEONEお庭日記

タイル・ファニチャー・オリーブ・ガーデンを提案する
四日市のLEONE(レオーネ)

TEL:0800-200-5328(フリーダイヤル)
〒510-0834 三重県四日市市ときわ1 丁目6-21